FC2ブログ

湘南堤防釣り日記

当選のルアー到着

Posted by たれぱんだ on   0  0

パームスのキャンペーンに当選したルアーが到着。


20190223.jpg 
届くまでは本当に来るのかな?

なんて思ってたけど(笑)


到着したのは


パームス(Palms)ビットアーツ リップレス ディグリー LDG-50S

アカキンに似てるけど新春パームスライトルアー祭り限定カラー



夕暮れのメッキに効きそう。

ロストしないように大事に使わなくっちゃね~


にほんブログ村 釣りブログ ライトタックルへ
にほんブログ村

アシストフック自作その2(ライトタックル編)

Posted by たれぱんだ on   0  0

さて、材料は用意できたので早速アシストフック制作に取り掛かってみよう!

前回の記事:激安でアシストフックを自作(ライトタックル用その1)

まずは釣り針とアシストラインを外掛け結びで結んで締め込み。
反対側にはスプリットリングをつけてみる。


外掛け結び:クレハ合繊株式会社

20170820 (5) 

ん~
これでもいいんだけど…


補修糸をアシストラインにするとやっぱりヘロヘロした感じになっちゃう。
実際にアシストフックとして使うにはどうかな~

鬼爪的に使うならアリかも。



という訳でアシストラインはやっぱり

P7160192.jpg 
10号 70lb 5m ガリス シーハンター レッド

ショアジギ用のアシストフックを作った時のを流用。
70lbでGT、ランカーシーバス、なんでもどんとこい(笑)


この太さでグレ針に外掛け結びは不可能なので瞬間接着剤で固定。
その上から使い古しのPEラインで締め付けて更に瞬間接着剤を塗りたくる。


20170820 (7) 

いい感じじゃない?

ジグにくっつけてみると

20170820 (2) 

ナイスですね~
細すぎて収縮チューブは縮まりきらないかな。


シラスファイバをくっつけてアピール力を上げたバージョンが

20190214.jpg 
Marufuji シラスファイバ

おお!
いけそうじゃん!
めっちゃ釣れそうじゃん!

小サバが回ってくる季節にテストしてみよっと。



にほんブログ村 釣りブログ ライトタックルへ
にほんブログ村

激安でアシストフックを自作(ライトタックル用その1)

Posted by たれぱんだ on   0  0

マイクロメタルジグにはトレブルフックがくっついていることが多い。


フッキング率は高くなるもののエビ率もかなり高い。

ジャーク、トゥイッチしてる時に



ん!来たか?



なんて一瞬心拍数があがった後に



エビか…



とがっかりすることもしばしば。



これって結構ストレス。

でもマイクロジグ用のアシストフックって意外に売ってない。

需要がないのかな?

それともアシストフックにするとフッキング率が大幅に下がってしまうのか。



ショアジギ用のアシストフック自作の経験を活かしてマイクロジグ用のアシストフックも作ってみるか。
激安でアシストフックを自作(ショアジギ用)


ターゲットは超軽量級のメッキセイゴだからヘビーな強度は必要なし。
ぶっちゃけアシストラインはミシン糸でもいいんじゃね?


用意したのは

20170820 (4) 

メバルロッドが折れた時に使用した補修糸
日輪 補修糸(特別色) 太物

さすがにミシン糸って訳にはいかないよね(笑)


フックは適当に。タックルベリーで100円で買った寒グレ用のハリ。
安心のがまかつ品質


スプリットリング
バレーヒル スプリットリングEX 1 (25lb) ブラック Valleyhill

その2へつづく…
アシストフック自作その2(ライトタックル編)



にほんブログ村 釣りブログ ライトタックルへ
にほんブログ村



安くても釣れるルアー

Posted by たれぱんだ on   0  0

メッキでメインに使用しているのはパームスのソルトディグリー。


これを基本にエバミノーやフラッタースティックとかを適当にローテーションしてる。

コンセプトは1000円以下で買えるプラグ(笑)

Dコンタクトを使いたいのは山々だけど高いんだよね~



Dコンタクトはトラウト用。

トラウト用ならメッキが釣れる。

だからトラウト用で安いのを物色してると





20181014 (5) 


発見!


ダイワ シルバークリーク ミノー 44S アカキン


タックルベリーで新品880円(税抜)


安くね?



実際に釣れなきゃ意味ないけどこの前の2匹目のメッキはこれ。

ファーストキャストでいきなりヒット。



ドクターミノーとかダイワは安くていいプラグ出すよね~



にほんブログ村 釣りブログ ライトタックルへ


メバルロッド修復 その2

Posted by たれぱんだ on   3  0

瀕死の状態になりオペ室に搬送されたメバルロッド。

メバルロッド修復 その1

まずはチューブラのメバルロッドの中に通す竿のカットから

20180225 (5) 

ガイドを取ってサンドペーパーでやすり掛けして下準備。
これをメバルロッドの中に入れて補強する長さを決める。

補強する竿は長めにカットするのがポイント。
特に手元の太い部分が短いと用を足さなくなるので注意!

チューブラの特性が無くなってしまうので穂先の方はそこそこで。

20180225 (6) 

動画ではそのまま接着剤を塗っていたけどそれだけだとすっぽ抜けそうな気がしたんで使い古しのPEを巻いてみた。
なんとなく接着力が上がりそうじゃない?

巻いたPEにアロンアルフア 釣名人を塗っておく。

20180225 (7) 

折れたメバルロッドの中に通すとこんな感じ。
飛び出た部分とメバルロッドの折れたところにエポキシ系の接着剤を塗りたくって先端部分をドッキングさせると…

20180225 (8) 

おお!
なんとなく行けそうじゃない?

接着部分に圧力をかけるために修復糸を巻いてまたエポキシ系の接着剤。

20180225 (12) 

みみずの心臓みたい(笑)

見た目はなんとなく使えそうな感じ。

次回は実釣編!


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。