FC2ブログ

湘南堤防釣り日記

メバルロッド修復 その1

Posted by たれぱんだ on   4  0

先日ポッキリ折れてしまったマイラブリーロッド


P2110758.jpg 
メジャークラフト クロステージ CRK-T792

貧乏性なのでとりあえず持ち帰ってきた。

かといってこのままでは使えないし…



この先どうするか。
頭に浮かんだのは…



①メバリングをやめる

冬は寒いし(笑)


②家にある別のライトタックルロッドを使う

20180224.jpg 

クロステージは今回骨折。
パーツ取り寄せで復活させるには6000円。高い!

ショアガンはメッキ用でかなり穂先が固くメバルのアタリを拾うのには不向き。

ソルパラは手前だけで穂先なし。パーツ取り寄せには4200円。これも高い!


③自分で修理する
カーボンロッドが折れた場合、穂先を詰めるのと違ってかなり強度が落ちるから修理はできないとあきらめていたけど、ググると意外に修理してる人がいるのね。



とりあえず自分で修理してみるか。



今回参考にしたのは

こちらの動画。
簡単に言うと切断したチューブラロッドの空洞部分に芯を突っ込んで修復する方法。

動画で突っ込む芯は
「以前に折れたロッドを用意してください」
って言ってるけど残念ながら持ってない。
上州屋、コーナンにカーボン素材の修復用パーツを探しに行くもうまい具合のパーツはない感じ。


しゃーないから


20180225 (3) 

倉庫に眠ってた年代物の竿を使うことにした。


修理に使う小道具は

20180225 (1) 

やすり
紙やすり
ハサミ
カッター
釣り道具用の瞬間接着剤

このほかに

エポキシ接着剤
使い古しのPEライン
補修糸

用意したのはこれだけ。


以前ショアガンの第一ガイドを修復したときに使用した小道具でほぼことは足りそう。
ロッドがポキっと( ;∀;)


早速オペ開始じゃ!


次回へつづく


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ


該当の記事は見つかりませんでした。